惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

伊藤羊華堂

2010.04.27

今回の旅の最後の視察先になりました。

中国語で、イトーヨーカドーを

「伊藤羊華堂」と表記します。

北京には、既に、10店舗あるようですが、私が、訪れたのは朝陽区にありますお店でした。

北京進出の2号店目(2001年のオープン)ですが、売上規模では最大店舗との事です。

食品売場は、さすがだと感じました。

今回の視察先では、一番レベルが高いと思います。

また来店客も多かったです。

寿司コーナーでは、何故か、北島三郎の“ど演歌”(笑)が、ガンガンに流れていました。

惣菜類もかなり充実していました。

私は、大学を出て、最初にお世話になった会社が、イトーヨーカドーグループのデニーズでしたので、どうしても、心情的に、この“ハトのマーク”を見ると愛着が湧いて来ますが…。

日本を代表されるイトーヨーカドーでさえ、国内では、以前のような成長性を期待できる状況ではありませんので、いち早く、海外市場、それも中国での市場参入をされたのは、正解だったと思います。

今回の道中で日経ビジネスの「徹底予測・中国ビジネス」と言う臨時増刊号の中で、カゴメの喜岡会長は、これからのカゴメの生き残り策は「ナショナル・ブランド(NB)ではなく、アジア・ブランド(AB)を目指さないと生き残れない」と。

“ナショナル“つまり国内だけの事業では、当然、企業の成長に限界があると。

それを裏付けるようにイトーヨーカドーの店内には、カゴメの特設コーナーが、DVDの映像と共に展開されていました(真ん中の写真)。

キューピーも、いち早く中国に進出しています。

地下鉄駅の構内で、キューピーの広告を見ました(下の写真)。

食の急速な欧米化に伴い“生食文化”も拡大しつつあります。

先日、キューピーの社員の方で親しくさせて頂いている方もタイのバンコクに転勤されました。

カゴメやキューピーのような加工食品の業界では、当然、アジアを目指さないと生き残れないと思います。

しかし、弊社のような“生”を扱う商売で、海外展開するのは、かなり難しいと思います。
ましてや資本力も人材力も乏しいです。

やはり、
『Think global,Act local.』

「世の中(世界も含む)の動きを察知しながらも、足元の商売に徹する」事が、弊社のような中小零細企業の生き残る道かもしれません。

今回の旅は、イオングループの植樹祭に始まり、流通視察、そして、ご一緒させて頂いた方々とも、いろんな情報交換が出来ました。

また、個人的には、母の第2の故郷である黒龍江省の哈爾濱(ハルピン)にも訪問出来たのも良かったです。

今から帰国の途につきます。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。