惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

五十路を迎えて

2009.07.18

今日は、野菜の事でも農業の事でもなく、個人的な事で、大変恐縮です。

今日、私は、お陰様で満50歳となりました。

嬉しいような(笑)、悲しいような(笑)…。

本音は、感慨深く、五十路を迎える事が出来ました。

私は、2005年の9月16日にガン宣告を受けました。

その後、手術を受け、胃と胆嚢を全摘し、無事、手術は成功しました。

私は、それまでは健康そのものであり、病気らしい病気を一度もした事がなく、ストレートにガン宣告を受けた時は、さすがに動揺し、宣告を受けた夜は、悔し涙と不安、そして猛烈な恐怖感で押し潰されそうになりました。

当時、長男は高校2年、次男は中学3年、そして三男は小学2年でした。

その日の夜、悩みましたが、長男と次男を呼び、私の病気の事を告白し、闘う姿勢を宣言しました。

さすがに小学2年生の末っ子には、病気の事を言う事も出来ず、寝顔を見ていたら、またまた涙が止まりませんでした。

私は、9月5日の人間ドックで胃ガンの疑いを指摘され、至急、内視鏡による精密検査を受けるように指示されました。

今回のドックは、その医師の態度から、いつもと違い、ただならぬ事態を予感しました。

そして、ドックの帰路、立ち寄ったコンビニで、一冊のノートを買いました。

自分の気持ちを綴る為に日記を書き始めました。

生まれてから日記をつけたのは、この時が本当に最初でした。

タイトルは「Diario de la vida」
スペイン語で「命(人生)の日記」と言う意味です。

スペイン語で書いたのは、その意味を家族の誰にも知られたくなかったからです。

ガンを予感したその日から、退院して職場復帰するまでの約2カ月間の日記です。

私にとりまして、これは一種の「お守り」みたいな存在です。

これから本当に苦しくなった時に、再び、そのノートを開けば、あの時の苦しみを考えれば、何でも乗り越える事ができるだろうと思います。

しかしながら幸いにも、この4年間、一度も開ける事は、ありませんでした。

一昨日、日本人の平均寿命が発表されましたが、昭和22年当時の日本人の平均寿命は

女性が53歳
男性が50歳

だったそうです。
昔だったら、今まさに平均寿命です。

大病を経験した私にとりましては、まさしく二度目の「人生の扉」を開けたいと思います。

竹内まりや「人生の扉」
大好きな曲です。
五十路を迎えた事、そして歳を重ねる事の素晴らしさを歌った曲です。

私は、まだまだやりたい事がたくさんあります。

そして、やらなければならない事もたくさんあります。

これからも健康に気をつけながら、ボチボチやって参ります。

最後に両親に感謝の言葉を捧げます。

特に昨年12月9日に突然の不慮の事故で、今も病床にあります母には、心から「お母ちゃん、ありがとう」と言いたいと思います。
そして「早よ、元気になれよ」と。

感謝。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。