惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

九州出張(1) 農家直野菜の店

2008.11.06

今日から日本惣菜協会の会合が福岡と熊本であるので、出張に来ています。
その会合が終われば、原料担当次長と熊本で合流し、鹿児島まで、サツマイモ原料の件で足を伸ばす予定です。

今日は、会合の集合時間より早めに福岡入りし、始発便で参りました。
先日、農経新聞に載っていた福岡の高宮と言う西鉄駅の名店街にある直売所「時や」に行って参りました。
このお店は、クロスエイジと言う会社が経営されています。

こちらの経営者は、ホームページを拝見させて頂くと、まだ26歳と言う若さで、九州大学在学中に「アグリ・ビジネスのベンチャー企業」を立ち上げたとあります。

我が社のような“コテコテの八百屋”(笑)が、経営する直営店とは違うだろうと思い、期待を込めてやって参りました。

今朝10時の開店と同時に覗かせてもらいました。

いきなりスーツ姿の中年のオッサンが(笑)、うろうろと入店するのも何ですので、すぐさま名刺を男性の店員の方に差し出しました。

その方は、責任者ではないと女性を紹介してくれました。

私の素性を明かし、名刺交換を差し出しすとその女性も名刺を交換して頂きました。

名刺の肩書きには“野菜ソムリエ”となっていました。
また「強い農業へ、産業化促進」「九州大学発ベンチャー」と書かれていました。

若い美人のその女性は、いろいろとコンセプトを話して下さいました。
食育に力を入れているとも話されていました。

あまり時間がなかったので、短時間の滞在でしたので、中々、じっくりお話は聞けませんでしたが、ノーアポの突然の訪問にもかかわらず、丁寧に説明して下さいました。

私のイメージしていた道の駅にあるような「直売所」ではありませんでした。

ベジフルの関係会社で株式会社エフと言う会社が展開されている“ソムリエ経営の八百屋”のイメージに近かったと思います。

スーパーでもない、町の八百屋でもない“八百屋”を目指されているようです。

今度、こちらの経営者の方とは、ある会合でお会いする予定なので、いろいろとお話を聞かせて頂こうと思います。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。