惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

中食研究会と「農家の台所」

2010.03.10

昨日、東京の泉岳寺の某食品メーカーの会議室であった「中食研究会」に招かれ、弊社グループの取り組みをお話させて頂きました。
時間は、2時間でした。

中食(ナカショク)とは内食(ウチショク・ナイショク)と外食の中間に位置する“食事のあり方”つまり平たく言えば「お惣菜」の事です。

この研究会は、弊社の「惣菜の分かる八百屋塾」のナビゲーター役をお願いしています古田 基先生を中心にされている勉強会で、昨日で44回目だったそうです。

私は

「惣菜のわかる八百屋を目指して」

と言うタイトルでお話させてもらいました。

また
~この20年間の失敗の数々を通じて感じた事、そして、これからの夢~
と言うサブタイトルも付けさせてもらいました。

私のような者が、おこがましく、本来ならばお話などすべきではないのは分かってますが、古田先生に、何か恩返しできるならばと思い、お引き受けしました。

話の内容は、他愛のない話に終わってしまったように思います。

その研究会が終わってから、古田先生に連れられて、恵比寿の「農家の台所」と言うレストランで、晩御飯をご馳走になりました。

このレストランのオーナーは、高橋がなりさんで、昔、アダルトビデオの会社を興され、大成功をされた方です。

高橋さんは、その後、農業分野に進出されました。

「農家の台所」の一号店は、国立(クニタチ)にあります。

昨日、食事させて頂いた恵比寿店以外にも、新宿三丁目にもお店があるようです。

都会のど真ん中で、野菜をメインとするレストラン。

中に入ると、度肝を抜かれるような演出もあり、さすが、映像関係のお仕事をされて来られただけに、感心しました。

また“野菜の美味しさ”を上手く引き出されていて、コース料理は、満足行くものでした。

東京に行かれる機会があれば、是非、一度、食事してみて下さい。

今日は、これから、埼玉県に向かいます。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。