惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

中小公庫

2010.06.04

今日は、日本政策金融公庫、昔の中小企業金融公庫の“友の会”の総会が、大阪の上本町でありました。

小泉内閣の時、政府系金融機関は、統合され、国金と中小公庫と農林公庫が統合されました。

新しい呼び方は、どうもしっくり、いきません(笑)。

私にとっては、やっぱり「中小公庫」です。

弊社では、中小公庫さんとのお付き合いは、もう30年くらいになるかと思います。

政府系金融機関は、民業圧迫と言われてますが、でも弊社のような中小企業にとっては、大変有難い存在である事は、間違いありません。

弊社グループは、今まで、創業以来、その時代に応じた事業転換の為の大きな設備投資は、常に、ご支援頂いて来ました。

さて、今日の記念講演は、
「現政権で日本はどうなるのか?」と言うタイトルでした。

講演者は、拓殖大学日本文化研究所の客員教授でありノンフィクション作家の関岡英之氏でした。

偶然にも、この講演中に政権交代がありました。

あんまり、政権交代とは、中身は関係なかったように思いますが…。

・我が国の世帯当たり平均所得は、1994年の650万円をピークに、2007年に556万円となり、約100万円も収入が減った。

・所得別世帯数で、300万円未満の世帯(つまり、共働きで)の構成比は、全体の31%もある。

・自殺者が激増したのが1998年で3万人を越える。

・日米構造改革による影響が、日本社会を悪くした。
・在日外国人でトップは、今や、韓国・朝鮮人ではなく、中国人が多い。このまま行けば、中国に乗っ取られ兼ねない。

・所得格差が、現政権(左派政権)を生み出した。

などなどで、ちょっと過激な内容の発言もありました。

講演会終了後、懇親会があり、久々にたくさんの友人・知人にも会いました。

中小企業を対象とした金融機関の有志の会なので、ついつい商売の話で、盛り上がります。

その会場を後にして、久々に電車で、難波まで出ました。

そして宗右衛門町(御堂筋を挟んで道頓堀)の某サウナに行きました。

実に5年ぶりのサウナです。

私は、5年前に大病の為、手術をしましたので、どうしても“生々しい傷口”を人前にさらすのが嫌で、特に、カワイイおねーさん(笑)に見せるのを遠慮がちにしてたので、サウナは、手術以来一回も行ってませんでした。

でも久々に行きたくなって…。

私の傷口もそれなりに馴染んで来たので…(笑)。

久々に、べっぴんさんのおねーさん(いや、今日はオバチャンやった)(笑)に、マッサージしてもらいました。

本当にスッキリしました。

また、明日から頑張れそうです。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。