惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

中国出張(53) 世界に羽ばたく山東省の生姜屋さん

2010.11.08

山東省の安丘市にある生姜屋さんに行って参りました。

年間2万トンも扱っているそうです。

その内40%は、日本向けです。

メインは、ヨーロッパや北米に輸出しています。

生鮮出荷が60%で、冷凍出荷が40%です。

ヨーロッパやアメリカの食品スーパーで、最近、中国産の生姜をちょくちょく見掛けました。

こちらの農場の巨大なムロ(地下の貯蔵設備)を見せてもらいました。

レンガ積みの地下貯蔵庫には1600トンも生姜を貯蔵できる設備がありました。

私は、これだけの生姜のムロを見たのは、初めてでした。

中国の生姜の品種には、

大姜(ダイジャン)

面姜(メンジャン)

があるようで、以前は大姜が主力だったようですが、反収の高い面姜(メンジャン)に変わって来ているようです。

こちらは大玉傾向の生姜です。

さて、こちらの生姜屋さんで驚いた事は、会社案内にテスコが書いてありました。

イギリスのテスコにも生姜を出荷しているようです。

その事に触れると、
「イギリスの大手小売業は、テスコ、アズダ、セインズベリーがある」と教えてくれました。

私は、たまたま、先日、イギリスに行ったばかりだったので、その事は知っていましたが、中国の農業経営者は、世界的な視点で、農業をやっているのだと、改めて感じました。
会議室には、世界地図がありました。

日本の農業経営者で、グローバル視点に立った方は、まだまだ少ないです。

こちらは、まさしく“グローバル・ジンジャー・ファーマー”だと思います。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。