惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

中国出張(51) テスコ(イギリス最大手小売業)

2010.11.08

山東省の維坊(イーボ:維に左にさんずいが要りますが、携帯なので文字が出ず)に来ています。

この街のナンバープレートを見たら、Gになっているので、山東省では、7番目くらいに位置する都市かと思います。

宿泊したホテルに程近いところにテスコがありましたので、朝一番で、入ってみました。

私は、中国では、ウォルマート、カルフール、メトロなど欧米の大手小売業をたびたび視察した事がありますが、中国でのテスコは、このお店が初めてです。

このお店のフォーマット(業態)は、ハイパーマートでした。

お店に入った瞬間、このお店は“気”がないな、と思いました。

レジは41台ありました。

生鮮コーナーを見ても、明らかにボリュームと鮮度が劣っていて、多分、苦戦しているのだと思います。

唯一、精肉コーナーの特売品だけ、人が集まっていました。

テスコは、世界で3番目の超大手小売業です。

本国のイギリスにおきましては、ダントツの第1位企業(マーケットシェアが30%を越える)です。

先月、イギリス本国のテスコに行って来たばかりなので、余計にその落差を感じざるを得ません。

イギリス本国では、私は、テスコの各フォーマット(コンビニからハイパーマーケットまで)を見る機会に恵まれ、テスコの実力を見て参りました。

テスコの強みは、やはり、ハイパーマーケットより、「食品スーパーマーケット」(いわゆるSM)なのかなと思います。

中国人の消費行動は、どちからと言えば、SMよりは、ハイパーマーケットが好まれるのではと、感じながら、このお店を後にしました。

中国での外資の大成功企業は、何と言っても、カルフールでしょう。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。