惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

中国出張(32) 愛着のある商品

2010.11.06

今日は、私は、久々に、この工場に来て感動しました。

弊社の担当部長は、もう25回目だそうです。

工場での商談終了後、総経理のもてなしで、会食がありました。

私は、飲めないビールを必死で飲みフラフラでした(笑)。

そして弊社専務と担当部長は、私の代わりに白酒(バイチュウ)で、中国人チームと戦ってくれていました(笑)。

今晩は、取引先の総経理だけでなく、鎮(チン:行政単位です)の鎮長まで来てくれました。

ここの鎮は、人口3万5千人なので、日本で言えば、ちょっとした市長クラスです。

今回、私は、6年ぶりに山東省の奥地にやって来て、三晃の商品をたくさん作って頂いている事に。

当時、安徽省の紅東(ベニアズマ)の収穫量が中々上がらず、困って、新な産地開発をする必要があり、この地と出会いました。

当時、高速道路がなかったから、青島(チンタオ)から、330キロのこの地に来るのに、未舗装のデコボコ道を8時間も掛けて来ました。

そして、済薯(サイショ)5号という物凄く玉太りするサツマイモに出会えました。

これは、中国の在来品種で、表皮は、高系14号に近く、非常に甘い芋です。

今日、工場に入り、三晃のサツマイモを製造している多くの工員さんたちを見て、また、巨大冷凍庫には、三晃の名前が入った膨大な段ボールを見て、感動しました。

私は、市場の天ぷら屋の店長として、自ら包丁とまな板で、サツマイモを手切りして、仕込みをしていた20年前の頃を思い出し、あの頃、まさかこんな大量のサツマイモを扱うとは、思ってもいませんでした。

正直、冷凍庫内を見て感慨深かったです。

ちなみにこの工場から、年間に2万ケース(10キロ)を作って頂いています。

さらに頑張りたいと思います。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。