惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

中国出張(17) 蓮根の加工ライン

2010.11.06

日本に入ってくる蓮根の多くは、大半が“水煮”で、輸入されます。

蓮根の多くは、“水煮業者”が引っ張って来た歴史があるからだと思います。

メリットとしては「常温」輸送できます。

しかしながら、輸送インフラも整い、蓮根の“冷凍品”も増えて参りました。

この工場は、冷凍工場です。

原料をカッティングした後、バブリング(気泡によって洗う)で、洗浄後、ブラン

チャーと呼ばれる機械で、ブランチング(湯がく事)をして、急速凍結の後、パッキン

グします。

>

>

>

> 黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。