惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

中内功さんの事( ちょっと長文)

2008.04.07

この前、溜まりに溜まった名刺を整理していたら中内功さんの名刺が出て来ました。
この名刺は思い出深いというより、私にとって本当に「大切にしてきた一枚」でした。

名刺には「代表取締役会長兼社長」となっています。昔のあのオレンジマークがくっくりと印刷されています。
今から20数年前、ダイエーのお取り引き業者を集めてハワイ・ホノルルで集結するという大イベントがありました。
確か、ジャンボジェット2機をチャーターしたと記憶するので、約1,000名くらいが集結したのでしょうか?
私は当時、20代後半でしたが父の名代として参加させてもらいました。
全国からそうそうたる経営者の中で、ただただ緊張しておりました。
ダイエーが所有していた、あの有名なアラモアナ・センターのパーティー会場で中内オーナーと名刺交換させて頂きました。
長蛇の列をなしての名刺交換でした。私にとりまして「商人の神様」的な存在だったので名刺を差し出した時は、手が震えていたと思います。
その当時の中内オーナーは、凄いオーラがありました。

当時は日本一の流通業だったダイエー。
しみじみこの名刺を見て感慨深い思いにかられました。

また私は亡くなる1年くらい前、東京駅の新幹線ホームで、ばったりとお会いしました。
付き人と思われる方とご一緒でしたが、ハワイでお会いした時と比べ、一回りも二回りも小さくなっておられました。
正直言いまして、私は一種の寂寥感にかられました。
私の心の中の“中内功”さんとは違うと…。

中内功さんに関する本はたくさんあります。
私自身何冊か読みました。
特にこの10年くらいの間に出された本は、どちらかと言えば、批判的な展開が多いように感じます。

また私の恩師や知人はダイエー出身者の方も多く、中内功さんの側近として仕えた方も多くおられます。
それらの人たちから、中内さんのその人となりもよく伺いました。
ある意味、“強烈な人”だった事は疑う余地がありません。
また晩節は、どちらかと言えば、叩かれる事が多かった中内オーナー。

弊社とは、もうお取り引きを戴いておりませんが、それでも私にとっての中内功氏は本当に忘れ得ぬ大きな存在であり、一言で言えば大好きな経営者でした。
中内学園つまり流通科学大学から出版されている「中内功回想録」と言う一冊の本があります。
これは御厨教授(東京大学)をはじめ数名の方とのインタビュー形式の本です。
「オーラルヒストリー」です。
一回目のインタビューは、2005/6/7で、亡くなる直前まで行われました。
先日、ダイエーOBの方からこの本を頂戴しました。
読み上げた後に何か胸に熱いものが込み上げて来ました。
本当に貴重な本です。
そこには「生の中内功」が存在します。

また、先日、たまたま大型書店で中内オーナーが最初で最後である唯一自ら執筆された本「わが安売り哲学」を発見し、購入しました。
初版は1964年(昭和44年)で、有名な本です。
この本は、一度、絶版されていましたが、没後、復刻版として発売されました。

また中内功さんは、亡くなるまで、ずっと好奇心の塊であり、確か引退後の70歳を越えてからも運転免許を取得され、アメリカ大陸を横断する計画だったとの事。
当然、アメリカは車社会なので、自らのハンドルで、自由にアメリカ大陸を横断し、気になるお店を誰に遠慮する事なく視察されたかったのでしょう。
私の父もそうですが、創業者は、それこそ表現は不適切かも知れませんが、「棺桶に入っても、商売が気になる」のかと思います。
中内オーナーにとって流通先進国であるアメリカから多くを学び、それを日本で、大きな志のもと、挑戦されたのがこの方の偉大な生涯ではなかったかと私は思います。

近々にも、この「わが安売り哲学」を読んでみたいと思います。
その感想は、またここでアップします。
また中内功さんについては、またブログにて書きたいと思います。※(写真)は、昭和44年、47歳の時のお写真です。今の私くらいの年齢です。
黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。