惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

世界的金融不安に思う

2008.10.01

昨日「オゾンセミナー」が終わり、ホテルに向かう地下鉄駅に降りるとキオスクの新聞ラックは、株価急落の夕刊ばかりでした。

今朝の日経一面にも、この一年で世界の株価の時価総額が2000兆円目減りしたと。

世界のGDPの4割がぶっ飛ぶ。

まさに「バブル崩壊」かと思います。

この数年、しばしばテレビ番組などで年収数億円稼ぐトレーダーとか、豪邸を紹介する番組とかに出て来る人々は、“ごくごく普通の仕事”ではなかったと思います。

“ごくごく普通の仕事”の規定は、難しいですが…(笑)。

一言で言えば、マネーゲームの感覚的な商売。

私は共産主義者ではないので(笑)、資本主義経済下においては基本的に“何でもあり”かとは思うのですが、ここ数年、何か違和感のある感覚もあったのも事実です。

アメリカ議会が昨日は一旦、公的資金の注入を否決しました。

世論の反発を恐れての事でしょう。
弊社のような食品を扱う商売は、「粗利」そのものが本当に薄利です。
その中からあらゆる経費を支払い、利益を残さなければならない。

基本的に食品流通は“発明”のようなたぐいの商売とは全く無縁なので、地道にコツコツ積み上げる利益しかありません。

先日、ある業界雑誌を見ていたら、和歌山の食品スーパー大手O社さんのトップが、中期計画目標で、現在の平均年収500万円強を700万円にしたいと書かれていました。

非常に現実的かつ大きなビジョンに共鳴致しました。

私は本当に吹けば飛ぶような会社のトップではありますが、いつか“良い会社”にしたい。
社員の年収も必ず上げたい。

そして、それぞれの社員たちのかけがいの人生が我が社で良かったと思えるような会社経営もしたいと思います。

今日から下期に入ります。
特にこの第3四半期(10-12月)のあり方で大きく業績に左右されるだけに気を引き締めてやりたいと思います。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。