惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

七夕と新しい車番

2008.07.06

明日は「七夕」
我が社の直営店「はな膳本店」でも竹笹を入り口に置いてそれぞれの“願い”を掲げてもらってます。

写真は、ちょうど一年前に、三男坊(現在小5)と近くの「極楽湯」に行った時に書いたものです。
泣かせるねぇ~(笑)。

話しは変わりますが、丸11年乗ったTOYOTA「マークII」が先日、とうとう“お釈迦”になり、車を買い換えました。

18万キロを走り、まだまだ調子が良かったのに、エンジンがやられたみたいで残念です!

ここ数年いろいろと投資(会社も個人も)も重なり、心理的にちょっと締めようかなと、もう一回だけ、次の車検まで頑張ろうと車検を受けたところだったですが…。

今回、買ったのはNISSANの「ティアナ」です。
OMOTENASHI

今回の出張中に納車があり、昨日の晩に初めて乗ってみました。グッーです(笑)。

昔から車には無頓着な方ので、僕には十分過ぎる(笑)車です。

先日、車屋さんから「車番は、何番にしますか?」と聞かれ、悩みました。

結局、悩んで
「22-97」としました。

これって?
実を言うと我が社は、最盛期には、青果仲卸事業は、関西の3市場で経営をしておりました。
しかし、段階的に閉鎖し、昨年1月には、最終的に奈良県中央卸売市場の“一市場”に集約したので、過去の二市場の“店番”を付ける事にしました。

我々の業界では「社名(屋号)」で呼ぶよりも「店番」で呼ぶ事が多く、その方が、ピッとイメージがわきます。

創業の地、東部市場(三晃青果)は「22」番。

そして北部市場(毎日青果)は「97」番。

まぁ僕の罪滅ぼしの気持ちみたいなもんです。
この番号だけは、いつまでも忘れないでおこうと。

七夕にちなんで?でもありませんが、この番号に願いを込めて…。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。