惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

ロンドンの卸売市場ニュー・スピタル・フィールド

2014.04.21

ロンドンの卸売市場「ニュースピタルフィールド」を訪問するのは、これで3回目です。

一番最初に来たのは、10年くらい前で、現在のHMR工場(カット野菜工場)を建設するかどうか悩んでいた頃でした。

その時も業界団体の視察で、この時も延泊しました。

農水省にお願いして、JETROに出向中の方に案内して頂きました。
既に、その頃のイギリスは、大手小売業が、上位寡占状態でしたので、卸売市場は、疲弊感が漂っていました。

当然、テスコをはじめとする小売業大手は、自社物流センターを所有し、仲卸に任せずとも、自社物流が可能です。

「商品を右から左だけ」だけの機能だけでは、未来はないだろうと思いました。

農産加工の領域か、ディストリビューション機能(小分けピッキング機能)を併せ持つ必要性を痛感しました。

この状況を見て、新しいカット野菜工場建設を決意致しました。

工場建設を決断し、正しかったと思いました。

そのHMR工場もキャパがいっぱいになりつつあり、今、次期工場の計画に入っています。

今回、広島の万惣さんの「突撃チーム」の皆さんと(笑)、スペインの卸売市場「メルカバルナ」も視察できて良かったです。

スペインは、イギリスほど寡占化が進んでいないことと農業国でもあり、転送機能があるからでしょうか、卸売市場は、まだまだ健在でした。

つまり、小売業の寡占化が進めば進むほど、卸売市場の機能は低下するという相関関係は間違いないと確信しました。

ロンドンの仲卸の経営形態は、量販店対応型というより、フードサービス業へのディストリビューターとしての経営形態かと思います。

欧州のいろんな市場を見て回ることも、ネクストステージを占う意味でも、大変、参考になりました。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。