惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

ユニクロ流「国富論」

2009.10.21

昨晩は、デリ研(全国デリカ研究会)の皆様と共に、温泉旅館に宿泊し、会食を共にし、大いに語らい、そして会食後も一番大きな和室に集まり、文字通り、車座になって昔話に花を咲かせながら、そしていろんな事を語る事が出来ました。

大先輩の皆様、本当にありがとうございました。

今日は、ゴルフ組と観光組に別れてのスケジュールですが、私は、午後から東京で(社)日本惣菜協会の理事会があり、お先に失礼し、今、新潟から東京へ向かう新幹線の車内で、これを書いてます。

たまたま宿泊していた旅館の部屋に届けて頂いた朝刊(読売新聞)には、またまたユニクロの柳井会長の記事がありました。

この人の記事は、やはり、引き込まれますね。

タイトルも

「ユニクロ流国富論」

「成功は一日で捨て去れ」とあり、ついつい読みました。

記事の中には
「不況に負けてはいけない」

「常識を変え、服を変え、世界を良い方向へ変えて行く。この大きな理念の下に我々は働いている」

「今の日本の体たらくの一番の原因は、国民が、特に若い人が、将来の希望を持てないことにある。」

「それを変えるのは、国や行政ではなく個人や私企業だ」

「今ほど日本がグローバルに展開できる好機はない」
「中国からインドまでが現在、世界最大の成長センター。そのアジア文化圏の一員で、人、物、金、情報、技術、教育、交通、全てのインフラがそろう日本は、アジアへ進出するのに断然有利であり、国内に留まっている理由はない。」

「今の日本は、志が非常に低下し、そして、とりあえず売れる商品、表面だけの結果を求めている」

「昔のような原始的な成長意欲が抜けて、日本は、ふんわりした文化国家になってしまった」

「日本は、サラリーマンが増え過ぎてしまった。日本という恵まれたエレベーターに乗って、気がついたら止まっていた」

本当にうなずく事ばかりです。

閉塞感に満ち溢れている今ほど、このような大きなビジョンを掲げる経営者は、光輝きます。

柳井会長自らが書かれた二冊目の本、

「成功は一日で捨て去れ」は、さっそく買って読んでみたいと思います。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。