惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

ベトナム(26) 旅を終えて

2008.09.07

ちょうど1週間の旅を無事終える事が出来ました。
今、ホーチミンのタン・ソン・ニャット国際空港に到着しました。

チェック・インの手続きも終わり、あとは機上の人になるだけです。

とにかくホーチミンは、道を渡るのが、至難の技でありましたので、交通事故にあう事もなく、ホッとしています(笑)。

私にとりまして初めてベトナムは、いろいろと収穫のある旅となりました。

ちょうど3年前にベトナム行きの直前に、大病が発覚し、私にとりましては、何とか元気になってベトナムの地に足を踏み入れてみたかった思いが強くありました。
そして新工場が稼働し、来月で丸一年になりますが、品質管理レベルを高めたいとの思いから、「食品安全ネットワーク」の皆様とご一緒したかった。
そして、オマケではありますが、長男に“一人旅”の後押しをしたかった。

その三点でした。
ベトナムは、事前に聞いていた通り、非常に活気に満ちた国でした。

途中、パスポートを引ったくられた方がいらっしゃったり、また、タクシードライバーに何度となくぼられたり(笑)と旅につきもののトラブルに巻き込まれたりもしましたが、もう一度来たいかと尋ねられたら「Yes!」です。

また近いうちに、再度、ベトナムを訪れて、もっと圃場を回ってみたいと思います。

今回お世話になりました関係なりました関係各位の皆様、本当に感謝、感謝です。
有難うございました。

今回の旅では、一冊しか本を読めませんでした。

その本は、
「外食・非常識経営論」と言う本です。

著者は、日本レストランシステム株式会社 代表取締役会長の大林豁史氏です。

実務家の書かれた本です。

日本レストランシステムは、
「洋麺屋 五右衛門」
「卵と私」
「黒豚庵」
などのレストランを展開されている企業です。

経常利益率が20%を越える超優良企業であり、最近では、あのドトールコーヒーと経営統合しました。
かなり個性的な経営者の方ですが、大いに刺激も頂きました。
是非、読む価値のある本だと思います。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。