惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

ファミレスは、どこに行くのか?

2011.05.29

私は、昭和58年にイトーヨーカ堂グループの㈱デニーズジャパンに入社しました。

デニーズは、ご存知のようにアメリカの会社です。

アメリカ以外にもカナダ、メキシコ、イギリスなどにも展開しています。

大学4年の時、卒業旅行を兼ねて、アメリカ大陸のバス横断の旅に行きました。

グレイハウンドバスに乗り、ニューヨークからロサンゼルスまで横断し、さらに、ロサンゼルスからメキシコシティまでバスで南下し、さらにメキシコシティからロサンゼルスを経由し、サンフランシスコまでの旅に1人旅をしました。

その旅の道中で、当然、デニーズに出会いました。

デニーズに入り、先ず最初に食べたのが、でっかいパンケーキ。

当時の日本人は、ホットケーキしか食べた事がなかったので、僕は、初めてパンケーキを食べた時は、本当に感動しました。

あの、ほんのり甘いメープルシロップの味は、最高でした。

ハチミツと違ったあのフレーバーは、やはり、アメリカを感じさせました。

大学を卒業し、私が、デニーズに入社した頃のファミレスは、まさしく黄金時代であり、御三家と言われたのが、すかいらーく、ロイヤルホスト、デニーズでした。

その中でもデニーズは、アメリカを感じさせる唯一のファミレスでした。

デニーズは、他社とは一線を画して「コーヒーショップ」と言う特徴を全面に出していました。

「アメリカンコーヒー」が一番似合ってたし、一番、香り高く美味しかった。

食事と共に、何杯でも飲めました。

メニューの中で、パンケーキも感動しましたが、その他に、朝食メニューの卵料理に付くハッシュブラウンポテトもポークリンクソーセージもアメリカから直輸入の食材を使っていました。

チリコンカーニも、マカロニクレオールも、ジャンバラヤも、アメリカンクラブハウスsandwichも、当時としては、ハイカラさがメニューにあり、外食に行くと、顧客には“感動”がありました。

ファミレスが衰退期に入ったのは、やはり、「陳腐化」でしょうか?

“感動”がなくなってしまった。

外食に行く機会が、増え、顧客は舌が肥え、ちょっとやそっとでは、感動しなくなった。

どこで食べてもメニューが画一的…。

僕がデニーズを退職してから、お店に入って、がっかりしたのが、鍋焼うどんまでがラインナップされていて、これでは、アメリカンを感じさせない…。

その古巣のデニーズも赤字が続いていますが、最近、大久保社長に交代しました。

大久保社長は、元々はイトーヨーカ堂のご出身ですが、ユニクロや無印良品、成城石井などで、実績を残された経営者だけに、大いに期待しています。

その大久保社長のインタビュー記事に改革の第一歩は「挨拶から…」だと書かれていて意外でした。

ファミレスの再生(復権)に期待している1人から。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。