惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

ビジョン策定研修会

2010.11.11

6月から合計4回にわたって進められて来た(社)日本惣菜協会の『ビジョン策定研修会』が昨日で終了しました。

全てを受講しての感想は、大変勉強になり、この手法は、各自、自社に持ち帰ってやってみる価値のある研修会でした。

恐らく参加者(約30名)の大変が、感動のうちに受講を終えたのではないかと思います。

多くの“気づき”がありました。

前3回は、博報堂さんから、社会変化を多角的に説明頂きました。

博報堂には「買物研究所」なるものまであり“買物”を科学する…、すごいですね。

なるほどなぁ、とうなずく事ばかりでした。

昨日の最終回は、10時半~19時まで、ワークショップと言う形で、4チームに別れて、実際に、(社)日本惣菜協会としてのビジョンを策定しました。

博報堂の社員さんが、ファシリテーター(スムーズに進むよう、要所要所でアドバイスしたりする役目。但し、でしゃばり過ぎない)として、参加してくれました。

その進行具合が、何とも絶妙で、最後には各チームで作り上げたビジョンを一つのビジョンに全員の総意の元で、作り上げて行きました。

ポイントは、下記にありました。

①バカになる。
昨日は、各社の役職や年齢差を取っ払う為、ニックネームで呼び合う。

②称賛する。
否定はしない。
各自の意見は、尊重し、意見発表後は、必ず、大きく“拍手”する。

③ポジションシンキングで。
常に“前向き”に。

重要なのは「プロセス」にあると感じました。

終了後、何故か、各チームには、不思議な“一体感”が生まれていました。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。