惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

ヒライさん50周年記念式典

2019.02.14

久しぶりにブログを更新致します。

昨日、2月13日に、熊本日航ホテルで、ヒライさんの50周年記念式典が
盛大に行われました。
ヒライさんと言えば、熊本を中心に弁当惣菜業をされている会社です。
ご存知の方もたくさんいらっしゃるでしょう。

昨日は、全国各地から総勢300人以上の方々が集まりました。

基調講演は、元横浜市長の中田宏氏でした。
「そこまで言って委員会」にもよく出ている方です。
そして、主賓の挨拶は、蒲島熊本県知事でした。
そして、友人代表として、盛和塾の塾生の方と黒田久一の2人がスピーチしました。

九州の経済人が集結する中、とても緊張した中でのスピーチでしたが、
平井社長から、ご指名を受け、断る訳にも行きませんでした。

会の冒頭にヒライさんの50年の歴史が映像が流されました。
亡くなられた龍三郎会長も、何度も映像に出てきて、とても、胸が熱くなりました。

今、ヒライグループは、年商265億円。
超優良企業です。

ヒライさんと、僕が知り合うきっかけは、平成3年、つまり、今から28年前に
「食品商業」と言う雑誌にヒライさんの特集記事です。
それを本屋で発見して、とてもおもしろそうな弁当屋さんだと、
居ても立っても居らず、早速、あべのから夜行バスに乗って、
熊本交通センターへ行き、レンタカーを借りて一軒ずつお店を見て回りました。
あまりの繁盛店ぶりに度肝を抜かされ、奈良に戻ってから、勇気を振り絞って、
手紙を書きました。

平成3年と言えば、三晃(現フルックス)は、市場の天ぷら屋しかやっていなかったので、
年商は、2億円くらいだったと記憶します(天ぷら+カット野菜)。

天ぷら材料ビジネスも、まだまだ、商売にならず、僕は、市場の天ぷら屋で、
毎日、悶々としていた頃でした。
僕が31歳の時です。
正社員も5人もいなかった。

ヒライさんに書いた手紙は、当時、専務だった龍三郎会長の目に留まり、
三晃に電話がかかってきました。
「君、もう一度、熊本に来んね。いろいろと教えてあげる」と。

どこの馬の骨ともわからない、奈良の青年に対して、本当に有難い事でした。

すぐに再訪問し、朝礼に出され、緊張感みなぎる朝礼に感動を覚えました。

その後、何度となく、龍三郎会長に声がけをしてもらい、結局、翌年の平成4年に、
ヒライさんのご親戚の岡山津山市のつるやさんにて、半年間の修行に行く事になりました。
32歳の修行でした。
長男が3歳、次男が1歳でした。
家内と2人の子供を伴い、津山の安アパートを借りて、夫婦で、工場に入り、
教えてもらいました。

昨日は、スピーチをしている最中、一連の事を、思い出してしまい、
少し声が詰まってしまいました。

そうすると、後ろの方で、立って聞いておられたヒライの社員さんの中に、
泣く社員の方がいらっしゃいました。

そして懇親会が始まり、ヒライの社員さんたちが、僕の席に来られ、
記念撮影をいっぱい撮って頂きました。

思い出せば、本屋で、あの記事を見ていなったら・・・。

そして、記事を見ても、そのまま、熊本に行かなかったら・・・。

そして、勇気を振り絞って、あの時、下手くそな手紙を書かなかったら・・・。

それくらい、平成3年の頃は、どうやって、市場の天ぷら屋から抜け出し、
新たなステージに移行したらいいのか、毎日毎日、考えていました。

「出会い」とは、本当に不思議なご縁です。

昨日、平井浩一郎社長が、ご挨拶の中で、「現時点では、とても順調ですが、
必ず、世の中が変わると、今の商売はすたれます。だからこそ、
次の商売に果敢に挑戦し続けないと未来はない」と、全く同感でした。

昨日の素晴らしい記念式典に参加させて頂きながら、28年前に書いた一通の手紙が
僕の人生に大きな影響を与えた事を思い出していました。

あの時、恥ずかしがらず、躊躇せず、純粋にストレートに自分の気持ちを伝えて
良かったと思います。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。