惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

パンと玉ねぎ

2014.08.24

昨日、弊社の女子社員の送別会(寿退社)がありました。

彼女は、大卒新卒入社後、営業担当社員として頑張ってくれてました。

結婚相手は、同じ営業部に所属する男子社員です。

つまり、社内結婚です。

弊社グループ内でも、社内結婚は、かなりのカップル数となりました。

経営者としては、嬉しくもあります。

昨日の美男美女カップルの送別会の様子の写真を、是非とも、アップしたいところですが(笑)、やはり、止めときます(笑)。

さて、同じ営業部に所属する女子社員から、色紙に、何か一言書いて欲しいと言われて書いたのが、写真です。

私が、結婚式の色紙に、ちょくちょく使う、スペインのことわざを書きました。

Contigo、pan y cebolla.

「コンティーゴ・パン・イ・セボージャ」と発音します。

直訳すれば、
「君となら、パンと玉ねぎ」
と言う意味です。

英語なら
With you、bread and onion.
ですね。

素晴らしい響きのスペイン語が好きなのと、やはり、八百屋なので「玉ねぎ」という言葉も使われてるので(笑)。

今まで、何人かの社員の色紙に書きました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1083142590

このことわざを知ったのは、大学時代でした。

スペイン語会話の先生から「このことわざは、覚えておけよ。スペイン人が大好きなことわざや。パンと玉ねぎさえあれば、あとは何も要らない、君との愛さえあれば…。このことわざは使えるぞ」と(笑)。

その時、率直に、面白いことわざだなと思いました。

スペイン人は、間接的に「大好き!」と言うのに、食べ物の単語を使うのか…。

パンは、理解できます。

でも、玉ねぎは、意外で面白い。

それだけ、スペイン人にとっては、玉ねぎは、なくてはならない野菜と言うことですね。

その授業で、私は、いつか、大学在学中に、このことわざを使ってやる、と思いながら、しっかりノートを取りました(笑)。

でも、結局、一度も使わずに卒業…(笑)。

そして、このことわざの活用の場を、社員の結婚の色紙に使っています(笑)。

これからも、社内結婚があれば、また、

Contigo、pan y cebolla.

を使いたいと思います。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。