惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

ダブル手術

2010.06.10

個人的な事で恐縮です。

野菜の事でも惣菜の事でもありません。

健康の事です。

今日、私の母と姉の2人が、手術を致しました。

母は「腸ろうの増設手術」を受けました。

姉は「副鼻腔炎の内視鏡手術」を受けました。

朝一番で、姉の嫁ぎ先の大阪の堺の病院に父と行き、励ましながら、手術を終わるのを待つ事なく、今度は、お袋の入院している私の自宅近く(奈良県大和郡山市)の病院へ。

母は、今から、1年半前、不慮の事故で脳挫傷となりました。

奇跡的に意識は回復し、冗談が交わせるくらいに元気になりましたが、まだ、咀嚼機能が回復せず、鼻からの栄養補給に頼っています。

本来ならば「胃ろう」と言って、胃からの栄養補給をしますが、母は私と同様に、胃ガンを患い、それが出来ないので、鼻からチューブを入れて、栄養を補給してもらっていました。

腸ろう手術は、難しくはないと聞きますが、積極的な姿勢ではやらない病院が多いようです。

私たち家族は、何とか、鼻からのチューブを解放してやりたくて、主治医(脳外科医)の先生と話し合いを重ね、ようやく手術をして頂きました。

それが「腸ろう増設術」です。

幸いにも無事に終わりました。

数日、様子を見て、腸からの栄養補給が大丈夫なら、鼻からのチューブが抜かれます。

実に1年半ぶりの解放です。

ものすごく不快だったと思います。

今後、ゼリー程度からでも、少しずつ、食べる練習も出来ます。

私たち家族にとっては、大変、大きな前進です。

姉は、昔で言えば、蓄膿症です。

偶然にも同日の手術となりましたが、私は、躊躇なく、それぞれ、やって頂こうと「ダブル手術」となりました。

2人とも、成功し、ホッとしています。

あらためて健康の大切さを感じるのと同時に、やはり、お袋なんかを見ていて、人間は“食べる事”の大切さを痛感します。

今、病院の部屋でブログ更新しています。

夜の10時ですが、お袋に長時間付くのは、久々です。

ちょっとずつ、前進して欲しいと願っています。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。