惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

ゼネリック医薬品

2009.10.05

今日は、NTT西日本大阪病院の定期検査でした。

腫瘍マーカーも異常なく、おかげさまで正常値範囲内でした。

一安心です。

本当は、8月3日が、3ヶ月毎の定期検診の予定日でしたが、先送りしてたので、主治医である副院長から「仕事忙しそうやな?」と。

副院長の柔和な笑顔で言われると、余計にグサッと来ます(笑)。

大反省です。
次回からは、真面目に予定守ります、ハイ(笑)。

さて、私は、おかげ様で、外科手術だけだったので、普段は薬は服用してませんが、食べ過ぎた時の為に、消化剤と整腸剤を出してもらっていますが、その他に、しばしば下痢が起こるので、「下痢止め」も処方してもらっています。

いつもなら院内処方してもらっていますが、今日は、NTT病院は、患者が溢れるような大混雑だったので“院外処方”にしてもらって、近くの薬局に行きました。

初めて行く、その薬局は、実に丁寧で、一つ一つ説明してくれました。

そして「ご指定の下痢止めには、ゼネリック医薬品がありますが、どうされますか?」と聞かれて、正直悩みました。

今まで一度もゼネリック医薬品には、勧められた事がないのと、薬と言う特性がら、私の先入観からでしょうか?「パチもん」(笑)みたいな感じもしましたが、私は、普段、ほとんど服用していないし、下痢ぐらいだからと、試しに「それではゼネリックでお願いします」とお願いして見ました。

やはり、その薬局の懇切丁寧さが、後押ししてくれたような気がします。

そして比較表まで頂きました。

昔と違って全てが「情報開示」される時代となりました。

大昔なら、お医者さんに、歯向かう事も、簡単な疑問も中々、聞きにくい雰囲気がありました。

さてその比較表ですが、本当にびっくりします。

【先発品】ロペミン

【後発品】ロぺラニール

名前まで、パクってます(笑)。

そしてメーカー名まできっちり書かれ、そして効能のグラフまであります。

素人なので良く分かりませんが、ほとんど同じ曲線を描いているので、何故か、安心感があります。

そして何よりもそのコスト比較表を見てびっくりしました。

3割負担で一年分処方されたとしたら

【先発品】が6834円です。
【後発品】は1050円で、その差額は実に5784円です。

1/6以下のコストになります。

全ての薬には、当てはまらないのかどうか分かりませんが、常用されている患者にとっては、本当に有難い事です。

たまたまレジで並んでいると、前の女性はゼネリック医薬品で15000円も支払っておられたので、その差額たるや、相当な金額になるのかと思います。

しかし先発メーカーも、莫大な開発コストもかかっていますので、その是非は、簡単に言うべき代物ではないのかもしれません。

しかし「情報開示」の時代は、素晴らしい事です。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。