惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

ステーキハウス Wolfgang’s in 六本木

2014.03.14

ニューヨークの人気ステーキハウス
「ウルフギャング」
が、六本木にオープンし、昨日、愚息と行って参りました。

昨日は、八百屋塾でしたので、古田先生がお越しで、講演前に教えて頂き、ちょうど、夕方から東京に行く予定もあり、さっそく、その場で、予約して頂きました。

今、中々、予約が取れないレストランらしいですが、古田先生は、総支配人をご存知だったので。

http://wolfgangssteakhouse.jp

http://wolfgangssteakhouse.net

ここは、Tボーンステーキで有名です。

ニューヨークで、Tボーンステーキの名門店と言えば、やはり、ニューヨーク郊外のブルックリンにありますピータールーガーでしょう。

http://www.peterluger.com

私は、3回、ピータールーガーに行くチャンスがありました。

素晴らしいお店です。

http://rocketnews24.com/2013/10/16/378989/

今日、六本木のお店のマネジャーの方に聞くと、ピータールーガーで、40年間、ウェイターをされていた方が、ウルフギャングを経営するオーナーらしいです。

ですので、ほぼ同じスタイルのステーキですね。

実際に、全く、ピータールーガーでした。

ご存知のように、アメリカは、エイジングビーフ(熟成肉)ですね。

エイジングすることで、かなり、うま味が増します。

僕は、神戸牛や松阪牛のステーキより、絶対に、アメリカのステーキ(赤身)が好きです。

アメリカのステーキは、ちょっと硬いですが、噛むほどに旨いです。

日本の霜降り牛肉は、やはり、僕には、胸焼けします。
(わが家の息子たちも、全く同じみたいです。赤身がいいと)

ちなみに、僕は、寿司屋さんも、トロやイクラ、うにより、タコやエビ、イカ、玉子が好きです(笑)。

Tボーンステーキ以外にもシーザーサラダ、エビのスープなども取りました。

ガロニ(付け合わせ)は、やはり、マッシュポテトとクリームスピナッチ(ほうれん草)です。

いかにもアメリカでは、お馴染みの付け合わせですね。

そして最後は、とどめに、ホットファッジサンデーを二人で1つ挑戦しましたが、やはり、途中で、ギブアップしました(笑)。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。