惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

ジョセフ・E ・スティグリッツ

2011.06.03

本日、日本政策金融公庫(昔の中小企業金融公庫)の友の会の総会がありました。

言わずと知れた政府系金融機関です。

弊社では、もう30年近くお世話になっています。

その総会で講演がありました。

タイトルは、

『国際政治の裏舞台』
~ロンドンからグローバルに見渡して~

と言うもので、僕には、ちょっと難しい内容でした。

その講演で、
ジョセフ・E・スティグリッツと言う経済学者がレジメに載ってました。

ご存知の方もたくさんいらっしゃるのでしょうが、僕は、この経済学者を知りませんでした。

早速、持参していたiPadで調べながら、講演を聞いてました。

こういう時、手軽にインターネットの情報を調べられるのは、本当に便利な時代になりました。

ジョセフ・E・スティグリッツ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%BB%E3%83%95%E3%83%BBE%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%84

http://critic5.exblog.jp/9101842/

著者に
『世界を不幸にしたグローバリズムの正体』と言う本を書かれていて、

米国主導の“新自由主義経済”に批判的立場で、格差や貧困の問題に対して、センシティブな立場に立つ経済学者みたいです。

小泉・竹中改革に対しても痛烈な批判をしている…。

今日のレジメには、

・全世界がチュニジアの民主革命を祝している…

・雇用と国民の生活水準向上が不可欠

・高失業率+政権の腐敗=争乱の温床

などなどが書かれていました。

ちょっと難しい内容でした。

言わんとする事は、何となく分かります。

でも難しい…。

弊社のような日本の中小企業経営者の多くは、今、オーバー・カンパニー(法人数過多)、オーバー・ストア(店舗過多)、オーバー・ファクトリー(工場過多)の中、熾烈な競争社会にさらされていてます。

グローバル化の中で、デフレの嵐とも闘っています。

原料高とデフレのsandwich…。

大変厳しい時代ですが、目まぐるしく変化する世界の中で、頑張るしかありません。

総会が終わった頃、僕は、内閣不信任決議が否決された事を知りました。

大山鳴動して鼠一匹…。

日本の政治の迷走ぶりは、どうなるのでしょうか?

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。