惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

イタリア視察(8) やられた!

2008.06.14

今回の視察研修で唯一、今日は午後からたっぷりの自由時間がありました。

昼過ぎに団体行動から解散後、僕は、弊社営業部長と共に、あとメンバーの中でお二人の方と共に合計4人で、郊外の量販店(生協)だけは見ておこうとタクシーで視察に行きました。

これはブログに先程書かせて戴いた通りです。

視察後、買い物もし、荷物もあったので4人で一旦、ホテルへ戻りました。

そこで僕は、弊社営業部長に「これからフリー!」を宣言(笑)。

僕は国内出張の時もそうですが、仕事が終わったら、できるだけ“解放”してやります(笑)。
それは別に窮屈とかではなくて(笑)、旅先に出たらとにもかくにも“自分の足で”歩いて欲しいからです。
自分で歩かないと体感する量が圧倒的に違うからです。
特に外国に来たらそうします。この前のシンガポールでも次長を“解放”してやりました(笑)。

営業部長と別れてから僕は部屋に戻りメールをチェックし、いざ再度出発!

一人で街をブラブラしながら、ユーロが少なくなって来たので、両替する事にしました。

そしてフィレンツェ駅に歩いて向かいました。
基本的に両替の料率は、銀行が一番良いです。
国によって違いますが、ちなみにスペインなんかは、面倒でも国立銀行のBanco de ESPANAへ行きます。

もう夕方だったので銀行も閉まっていたので両替商で仕方がないなと。

一軒目はフィレンツェ駅の地下にあった旅行社内にある両替コーナーで3万円を出すと、計算してくれると159ユーロ(@188円)だったので、成田空港では172円だったので、料率が悪いなと思い、丁重に両替をお断りました。すぐに3万円は返却してくれました。やはり専門の両替商の方が良いのかなと思い、駅構内の両替商に行きました。そこは列車を降りた真正面の両替商です。ちょうど、僕の前は、日本人夫婦(60前後)の自由旅行者風の方が両替が終わったところでした。

僕はおもむろに3万円を出しました。
ここは列車から最初に降り立つ、両替商だから、そう無茶な料率ではないだろうと思い込み、計算書にサインをしようと覗き込むと、127.9ユーロとなっており、びっくりして、「キャンセル、プリーズ」と英語で頼みました。

127.9ユーロであれは1ユーロが234円となり、もう明らかに“詐欺的行為”であると判断しました。
もう一度、穏やかに頼むように「キャンセル、プリーズ」言いました。
そしたらイタリア語でまくしたて、出来ないような事を言うので、今度は大声で「キャンセル、プリーズ」と叫びました。

それでも、そのねーちゃんは頑として突っぱねるので、今度は声を張り上げながら再度「キャンセル、プリーズ」と。

ガラス越しなので、取られた3万円を取り返す術もなく、にらみ合いの状態に。
もう一回、「キャンセル、プリーズ」と大声を出しましたが、全く動かずの状態に。そのねーちゃんは、「ポリツィーア(警察の事か?)」かどうだのこうだのと言うので、警察を呼ぶんやったら呼べやと思ってましたが、もう埒があかないので、仕方なく諦めました。
小窓から差し出されたその127.9ユーロを無性に腹が立ちながら、本当に仕方なく、取りました。計算書は、複写式になっており、サインをして返さなければなりませんが、目の前で破り捨てました。そしたら返せのような事を言ってましたが、完璧に無視して去りました。

この件をガイドさんに話すと、騙された方が悪いと。
空しい!

写真は、ポンテ・ビッキオです。

チクショウ(笑)!

いい勉強をさせてもらいました。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。