惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

イタリア視察(16) 旅を終えて

2008.06.17

今、成田に着きました。東京駅に向かうリムジンバスの中です。

この一週間、同行させて戴いた皆さん、本当にお世話になりました。

いろんな出会いを頂き、有難うございました。

旅行会社の社長であり、今回の添乗員の津川さんが、「人生は3万日と言われており、その中のたった7日ではありますが、その出会いを大事にしたい。」と。まさしくそうだなと思います。

3万日か~と。
約82年。
2万5千日の場合、68年。
2万日の場合、55年。

人生を“年単位”ではなく“日単位”で表すと余計に時間の大切さを実感します。

話は変わりますが、今回のイタリア研修中に、二冊の本を読みました。

一冊は、ダイエーの創業者である故中内 功氏の「わが安売り哲学」をもう一度読み返しました。帰国の途につく、ローマ→ミュンヘン(経由地)の小さなジェット機内でちょうど読み終えました。

中内 功さんの事は、当ブログにも何回か書かせて戴きましたが、あらためて日本の流通業界には歴史を残した人だとしみじみと思います。

晩年は寂しかったですが、そして、善きにつけ悪しきにつけ、功罪を問われる事の多い人だったかと思いますが、僕は読み終わって、本当に中内さんの生き方に感動しました。

写真は、機内では、携帯電話が禁止でしたが、コソッと(笑)、ローマ空港を飛び立って10分くらい経ち、水平飛行に移ってからの窓の外の青い美しい大海原です。

天国にいる中内さんに「素晴らしい本、本当に有難うございます」と語りかけたい気持ちになりました。

昭和44年(1969年)に書かれたこの本は、ある意味、中内さんの社員に対する“檄文”です。それだけ急成長の真っ只中で、全社が燃え盛らんばかりの勢いが手に取るように分かります。

将来を予測された中で、外れた事もありますが、大筋の予測は、当たっており、あらためて凄いと感じました。

素晴らしい人にも出会え、そして素晴らしい本にも。
感謝。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。