惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

アメーバ経営

2010.04.06

今、横浜の山下公園にてアップしています。

眼前は横浜港です。

「赤い靴はいてた女の子の像」があります。

近くには中華街もあります。

朝一番で、横浜市内で数店の食品スーパーを経営している友人と久々に会います。

最近、新店を出されたので。

彼と私は、22年前の「商業界スパークル」の22期生の同期で、丸一年間、2ヶ月に一度、共に学び、共に寝食を一緒にした仲間です。

20代後半の時に「商業界精神」に触れ、その後の経営感に大きな影響を与えてもらいました。

「店は客のためにある」

さて、今朝は、ちょっと早く起きて、山下公園にて「アメーバ経営」を読んでます。

今、JALの再建を託された京セラの創業者である稲守和夫氏の著作です。

私は「盛和塾」の塾生ではありません。

家内は、塾生です。

ほぼ「アメーバ経営」を読了しましたが、もう少し深く読み込みたい本です。

言わずと知れた「部門別採算経営」を説いた本です。

京セラでは「利益の源泉は製造部門にある」との考え方から、営業部門の口銭は“一律”にしています。

弊社グループでは、問屋&小売の部門(ものづくりしない事業)と製造部門が、ほぼ半々になっています。

しかしながら、中々、問屋商売のマネジメントから、抜け出せていないのが、実状です。

コツコツと「ものづくり現場」を20年掛けて作って来ましたが、まだまだです。

これから、しばらく、深く勉強したいと思います。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。