惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

アメリカの食品スーパー

2011.06.01

先日、弊社のHMR事業部の営業社員がアメリカに行っておりました。

お取引先の食品スーパーのM社様の「米国視察ツアー」に参加させて頂きました。

こちらのお取引先様は、年に二回、海外視察を開催され、昨秋は、私が欧州視察に参加させて頂きました。

コーディネーターの商人舎の結城先生の“熱い熱い語り”で、朝から晩まで、食品スーパーを見て見て見まくるツアー、本当に勉強になります。

弊社の営業社員は、初めてのアメリカだったので、今回の研修は、かなり収穫があったようです。

そして彼に「どこが一番、良かった?」と聞くと

「価格を気にしなかったらホールフーズですが、一番印象に残っているのは、バークレー・ボールでした」と。

http://www.berkeleybowl.com/

僕は、このスーパーの存在は、知らなかったので

「それって単独店か?」と聞いたら

「ボーリング場跡地を居抜きで使い、圧倒的に青果部門が強いお店です。サンフランシスコ郊外のバークレーにあり、まだ2店舗ですが、繁盛店です。経営者は、日系人です。」と。

このお店に是非とも行きたい!

バークレーは、私が、二十歳の時にホームステイした街なので、馴染み深い街です。

そして、弊社の奈良三晃の社長であるS社長にも「アメリカで一番印象的だったSMは?」の同じ質問を投げ掛けたら、彼は、

「スプラウツ・ファーマーズ・マーケットやな」と。
http://sprouts.com/home.php

こちらも僕は、行った事のないスーパーなので、是非とも、行きたいと思います。

今秋にアメリカのカット野菜工場の視察ツアーがありますので、その際に上記2社、必ず、立ち寄ります。

写真は、いろんな食品スーパーの買い物バッグです。
右端の茶色のバッグは、僕の好きな「トレーダーズ・ジョー」です。

http://www.traderjoes.com/

今回、社員がお土産で、買って来てくれました。

これ以外にも、僕は、海外に行く度に、世界各国の食品スーパーの袋を買って帰ります。

弊社の青果部門のS社長と話していて、お互い50を越えたオッサンが「食品スーパーを回るのが趣味って、俺ら、可笑しいんと、ちゃうか?(笑)」と。

確かに、我々は、可笑しいと思います(笑)。

でも、今日も日替わりで、会社の通勤カバンは、世界のどこかの食品スーパーのエコバッグです(笑)。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。