惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

よってたかって【寄って集って】

2011.09.02

本日、研修会2日目です。

然別湖畔のホテルで、朝から、講義3本、パネルディスカッションと本当に充実した研修会でした。

初日の昨日は、圃場で、実機でのキャベツのハーべスター、つまり、自動収穫機を見ました。

ほぼ完成に近い機械に私は、心から、感動しました。

日本産のキャベツハーベスターは、官民が取り組んで、実に20年の歳月を要して来ました。

大変な道のりだったとお聞きしました。

まだまだ改良は必要なようですが、確信を持って、実用化されるものと思います。

その前提条件は、やはり、農業の大規模化です。

大規模化出来れば、機械化が出来、機械化が出来れば、産業化も可能になるのだと思います。

日本の農業は変わりつつあります。

まだまだ問題もあります。

物流問題もそうです。

川上-川中-川下の物流の合理化問題、モーダルシフトについても、官民が、同じテーブルに一堂に会して、話し合わなければならないと思います。

農業も、市場流通も、加工業務用青果物の世界も、加工食品のようなジャストインタイムが難しい世界。

つまり、常に、お天道様相手の商売だけに“矛盾の塊”です。

まもなく直撃するであろう?台風一個が来たくらいで、右往左往する世界です。

しかしながら、今回の研究会の主催者である日本施設園芸協会の木田会長がおっしゃるように、よってたかって【寄って集って】、川上-川中-川下が、それぞれの知恵を出さなければならないと思います。

大変、有意義な研修会でした。

私だけ、札幌に向かいます。

社員3人は、富良野経由で、旭川に行きます。

途中まで、みんなと、一緒で、「漬物食堂」と言う、面白いコンセプトのお店で昼食を取りました。

http://www.kankichisyou.com/

今、私は、JR新得駅から札幌に向っています。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。