惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

もっと知りたい!ドラッカー

2010.04.20

今日は、東京に来ています。

先日、(社)日本惣菜協会のF専務から、お電話があり、農林水産省の総合食料局の外食産業室の方と会食を一緒にしたいと。

それで上京しました。

F専務は、私の親分でもあり、師でもあり、友人でもあります。

この方の要請なら断れません(笑)。

外食産業室の方々とは、何度もお会いし、また、弊社にも数回お越しなられた事もあるので、知らぬ中ではないので、いろいろと、会食しながら、ざっくばらんに情報交換させて頂きました。

ざっくばらんと言うより、私は、かなり“本音”で日本の農業問題やら市場流通の問題やら農業政策の矛盾やら…。

まあ何れも本当に難しい問題です。

創業者である父は、言いました。

「こんな矛盾だらけ、問題だらけ、遅々と物事が進まない青果業界だからこそ、我々のような中小零細企業にもチャンスがあるのだ」と。

これは真理かと思います。

でないと大資本が、とうに市場を席巻していたかとも思います。

さて東京までの道中で写真の週刊ダイヤモンドの「もっと知りたい!ドラッカー」の特集記事を読みました。

最近、ドラッカーブームとでも言えるのでしょうか、テレビでも雑誌でも本当によく目にします。

2005年に95歳で亡くなっているにもかかわらず、ドラッカーが残した言葉の数々が、特に、経営者の心に響くのかと思います。

私もその一人です。

週刊ダイヤモンドの表紙には『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』と言う本からのものです。

ちなみに、今、巷では『もしドラ』と縮めて(笑)言うそうです。

近いうちに『もしドラ』を読みたいと思う。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。