惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

どっちもどっち

2009.11.20

出張先の宿で、テレビニュースを見ていたら、ボジョレー・ヌーボーのワイン価格の値下げ合戦をやってました。

イオンVS西友VSドンキホーテ

最初にイオンが、“三桁のワイン”つまり、初の1000円を割り込むボジョレー・ヌーボーを発表。

次にさらに西友とドンキホーテが追随。

正直言いまして、1000円を割れば、それで十分だと思うし、10円単位の攻防は意味がないように思います。

まるで「ジーンズの値下げ戦争」の再来です。

当然、これだけテレビニュースで、ガンガンやってくれるので、三社のテレビ宣伝効果は、絶大だと思います。

しかしながら、どんどんと食品の価格が、値下がり続く事は、消費者にとっては、給料やボーナスが上がらない状況を考えれば、恩恵をもたらしますが、流通側は、絶対的な粗利額が縮小し、メーカーも中間業者も小売業も、全ての収益構造が維持できなくなります。

だから給料も上げられない。

そして、食品は、輸入食品でも国内製造食品であっても、当然「食の安全&安心」は担保する必要があります。

そのコストは、タダでは出来ません。

今の食品の安売り合戦は、その領域をも脅かすところまで来ているような気がします。

次にテレビを見ていたら、「返済猶予法案」の強行採決。

そして「官房機密費」の非公開。
そのシドロモドロ記者会見(笑)。

民主党VS自民党

「目くそ鼻くそ」
「どっちもどっち」

もう笑ってしまいます(笑)。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。