惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

どこで買い物をするか?

2010.03.01

今日から3月1日です。

毎年ですが、1月と2月は、季節的にも、営業日数的にもやはりしんどいです。

いよいよ春も本格的になりますし、「遷都1300年祭」も本格化?すると思いますので(笑)、これからダッシュで頑張りたいと思います。

さて、最近、2つの記事が目に留まりました。

一つは、消費者が食料品・日用品などを日常的に購入するチャネルの利用頻度についての記事です。
(※Chain Store Age 2010.3.1号)

月に何回、チャンネル別に利用しているか?

2009年度のデータは
①食品スーパー9.7回
②コンビニ8.2回
③GMS3.9回
④商店3.2回
⑤ドラッグストア2.4回
⑥100円ショップ1.7回
⑦インターネット通販0.3回

食品スーパーの一番利用頻度が多かったのは、2003年で、10.1回をピークにダウン傾向です。

インターネット通販は、まだまだ少ないですが、急増する勢いが感じられます。

もう一つの別の記事(日経MJの2/22)「底流を読む」です。

そこには、
「ネットが消費の到着地に」
とあり、楽天市場の躍進ぶりが紹介されていました。

楽天市場は、1997年5月にスタートし、9年目の2005年には、3000億円を突破し、2009年には、8000億円を突破しました。

アメリカの大型SCは、「デスティネーション・ストア」と呼ばれますが、文字通り、全てが揃う、つまり最終的に買いたい“目的”を達成するくらいに揃う。

だから“デスティネーション”だと。

しかし、ネットでの買い物が普及し、リアル(実物)の店舗では、買う楽しみはあるにしても、探すのに時間がかかったり、重たかったりします…。

ネットでは、検索技術がどんどん向上し、今では、価格比較しながら、欲しい商品が一発で探し出せ、そして、さらにワンクリックで“決済”も“配達”も可能な時代です。

同記事には「ネットが消費の到着地に」とありました。

全ての“買い物”が、ネットになるなんて考えられませんが、これから先、どのくらいの割合で「ネットでの買い物VSリアル店舗での買い物」になるか、想像もつきません。

何れにしても、どちらにも首を突っ込まないと売上が取れない時代になるのは確実です。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。