惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

てんこ盛りの東京出張

2011.01.27

週末の土日月と利用し、3日間、家族で、激安・香港旅行に行き、火曜日(25日)の早朝5:30に関空に到着するや、一旦、自宅に帰って、風呂に入ってから、出社。

当日の午前中に社内会議が一つあり、午後から、立て続けに3組の来客がありました。

そして、夕方、慌ただしく、東京に向けて出発。

行きの新幹線で睡魔が襲うも、遊んで疲れてるなんて、決して言えません(笑)。

昨日は、朝一番で、社員と4名と合流し、茨城県つくば市にあります、

農研機構
http://www.naro.affrc.go.jp/

に参りました。

このあたりは、日本の「農業研究の総本山」みたいなところです。

農業関連の研究機関が、集中しています。

中央農研のS博士にお会いし、弊社の相談事(悩み事)に、真摯に対応して頂きました。

そして、午後から、茨城県つくば市周辺で有名な「農産物直売所」を二ヶ所(みすぼの村市場とJA土浦)を視察。

どちらともマスコミでよく取り上げられている直売所です。

この勢いは、止まりませんね。

その後、夕方に、八百屋業界で、唯一の上場企業である、
デリカフーズさん
http://www.delica.co.jp/

の新工場を見学させて頂きました。

こちらは総額24億円を投資され、最近、新工場を建てられました。

工場見学の後、会食にまで、お誘い頂き、いろいろとお話をお伺いする事が出来ました。
さすがに八百屋として、上場企業になられた会社には、筋の通った企業理念があり、そして仕組みがあります。

多いに勉強させて頂きました。

そして、本日。

午前中に「青果物カット事業協議会」の理事会に出席。

6月にアメリカのカット野菜の工場を視察します。

まさしく、アメリカのカット野菜業界は、インダストリーと言うに相応しい事業です。

日本から視察団を結成し、弊社を含む、日本の“カット野菜屋”が、一堂に会して、アメリカに乗り込みます(笑)。

その視察の言い出しっぺの私に、企画提案のお鉢が回り、いろいろと案を練っています。

こんな時代だからこそ、意義のある「視察団」にしたいと思います。

そして午後から(社)日本惣菜協会の理事会&新春懇親会に出席しました。

来賓の代表として、農林水産省の局長と国分の会長&社長である國分勘兵衛氏(演壇の写真)がご挨拶をされました。

(社)日本惣菜協会の新年会に日本の食品卸売業を代表する国分のトップが来られるようになり、昔とは、かなり雰囲気が変わりました。

あらためて、この惣菜業界の食品業界におけるポジショニングが上がったと感じました。

國分会長は、ご挨拶の中で「現在の環境下をプロブレム(難題)と捉えるのか、オポチュニティー(機会)と捉えるのかは、天と地の差があります」と。

まさしく同感です。

この2日間の東京移動中にずっと、同じような事を考えていました。

大変な時代ではありますが、精神的に萎えるか、立ち向かい、自らチャンスをつかみ取るかだと。

今、帰路の新幹線の車中ですが、iPhoneで、弊社のグループウェア(スケジュール管理表)で、各社員の予定表を見ていたら、今日は、実に、私を含む社員8名が、関東に滞在していて、それぞれの方面(産地やら工場視察やら)に分散して、出張に出ていました。

國分会長のご挨拶のように、何とか、それぞれが、オポチュニティー(機会)をつかみたいですね。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。