惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

【2016年夏米国フードサービス視察(神山泉先生のフードビズセミナー)を終えて】

2016.07.09

【2016年夏 米国フードサービス視察(神山泉先生のフードビズセミナー)を終えて】

7月5日に無事に帰国後、翌日の6日に全農様の新入職員向けに、少し、お話(講演)をさせて頂きました。

7日から出社し、会議やら、来客やらでバタバタしてました。

さて、今回の旅の感想を記します。

(1) 「オーバーストア」

今回、特に、強く感じましたのが、食品スーパーも、飲食店も、激烈な競争にさらされていることを痛感しました。

とにかく、食品スーパーも、飲食店も、お店が多過ぎます。

今後、再編淘汰は、避けられないのではないかと思いました。

(2) 「野菜が中心」

カット野菜も冷凍野菜も焼き野菜も・・・。

野菜の品揃えで圧倒するSMのスプラウツファーマーズマーケットも、オーガニックスーパーのホールフーズも、ディスカウントスーパーのアルディでさえ、青果が、戦略商品だと思います。

フードサービスにおいても、野菜が“主役”です。

カット野菜も拡大の一途です。

カット野菜が、アメリカの食品スーパーの青果コーナーのカテゴリー別売上高で、カット野菜が第1位になりました。

冷凍野菜も拡大しているように思います。

野菜は、もう「まるごと」買うのではなく、カット野菜や冷凍野菜など、使いたい量だけ、使いたい時だけには、便利に処理された加工野菜(カット野菜&冷凍野菜)が役立ちます。

アメリカでは、焼き野菜も、流行っているようです。

バイキングコーナーや野菜カフェなどで、あちこちで、焼き野菜(グリル野菜)を見かけました。

(3) 「アメリカにおける格差の現実(二極化)」

オーガニックスーパーで、牛乳瓶1本の容量で10ドルもするコールドプレスドジュースもあれば、2リットルのペプシコーラを1セントでも安く買いたい消費者もいる。

ちなみに今回の旅で、ペプシコーラの最安値は、79セントでした。その差は、実に20倍以上の差になります。

格差社会が拡大しているのは、日米、いや、世界中で起こっています。

(4) 「ブロス&スープ」野菜だし、野菜スープも売り場が拡大しているように思います(八百屋のさがで(笑)、目がそっちばかりに…)。

(5) 「キット商品の拡大」

チルドタイプで「サラダキット」をあちこちで見かけました。

やはり、合えたてのサラダは、シャキシャキ感があり、美味しいです。

簡単に出来立てを追及するのに、キット方式には、合理性があります。

ゴミも出ませんし、タイムセービングが可能となります。

また、今回、ウォルマートで「冷凍の惣菜キット商品」を見て、私は、衝撃を受けました。

(6) 「冷蔵&冷凍レディミール」

米国市場においても、英国市場同様にロングライフチルドのレディミール商品、冷凍タイプのレディミール商品が、拡充されて来ました。

(7) 「カスタマイズ」

今回のフードサービス視察におきまして、ファストカジュアルと呼ばれる「スクラッチ型のファーストフード」では、お客様のお好みに応じて、食材を選んで頂き、その後に調理(スクラッチ調理)をする方式が大はやりです。

「押し付け型のファーストフード」は、衰退傾向にあります。

カスタマイズ方式で、成長して来たファーストフードで代表的な企業として、

・チポトレ(メキシカン料理)

・サブウェイ(サブマリンサンドイッチ)

などありますが、その他、ハンバーガー分野でも、チキン分野でも、メキシカン料理でも、カスタマイズ方式が大流行です。

既存型のマクドナルドも、吉野家も、カスタマイズ方式の実験に取り組み始めました。

(8) 「生鮮のロングライフ化」

魚類も肉類も、ロングライフ化したパッケージをたくさん見かけました。

肉類では、鶏肉、ミンチ肉、魚では、サーモン、白身魚など、深絞り包装機で真空状態にしたり、トップシール方式で、ガス置換されているような商品もあるようです。

これからも、生鮮のロングライフ化を通じて、生鮮のドライグローサリー化は、進みます。

廃棄ロスを減らすこと、素人でも扱いやすくするには、生鮮のドライグローサリー化をするのが必然です。

以上、簡単ではありますが、感想です。

写真は、唯一の息抜きで、ドジャースタジアムへ

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。