惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

【社長とは?】

2014.09.22

私が、社長になって10年余りです。

本当に稚拙な社長だと思います。

私は、創業社長ではなく、いわゆる、2代目社長です。

創業社長の血を吐くような苦労はして来ていません。

ただ創業事業の青果仲卸業以外の新規事業である惣菜事業を興しましたので、1.5代目かも知れません。

【社長】という立場に満足など、一度もしたことはなく、いつも悩み続けて来ました。

そして、今、ある案件で、悩みに悩みをでいる真っ只中です。

そんな中、先日、ある社員から、新聞の切り抜き(一面広告)ももらいました。

それは「大辞泉」という国語辞典の広告でした。

各界の社長に「あなたにとって“社長”とは?」という質問に対する答えが書かれています。

非常に参考になるのと、自分自身が程遠いと痛感します。

記事から、いくつかをピックアップします。

3つの特権を持つ

1.人事権

2.自分の給料を自分で決められる

3.しかし最大の特権は毎日、朝寝坊しても誰からも注意されないこと。

父であり兄であり、全責任を担う覚悟のある者。

加えて、母役となる者を用意できる者。

他人には羨ましがれるが、本人自身は社長でない人を羨む、孤独で因果な職業。

最大の矛であり、最高の盾である。

会社のことが24時間、走馬灯の如く駆け巡る立場の人。

時に最も尊敬され、

時に最も軽蔑され、

時に最も好かれ、

時に最も嫌われる、

タクトは持っていないコンダクター。

平時では従業員とその家族を支える「縁の下の力持ち」となり、有事には皆を協力に引っ張る「勇気あるリーダー」となる人。

たくさんの人に支えられる人。

自分で自分を治められる人。

尻をまくる人ではなく、腹をくくる人。

会社で一番責任が重い仕事をしている人であり、一番苦労している人であるが、一番やりがいのある仕事をしている人。

覚悟。そして、社員を愛する人。

以上です。

私は【社長】とは「決断する職業」だと思います。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。