惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

【盛和塾大和塾長例会】

2016.11.25

【盛和塾大和塾長例会】

昨日、2016年11月24日、盛和塾大和は、奈良県100年会館にて、稲盛塾長を迎えて、塾長例会を開催しました。

昨年2015年11月25日に開塾をし、丸一年です。

盛和塾の開塾は、これが最後になるそうです。

オープニングは、ビデオから始まりました。

大和塾の大義が映され、次に、「シルクロードの終着点は大和であり、そこは、まほろばの地である」

「終着点から、あらたに“始まり”がある」

奈良には歴史的な遺産があちこちにあります。

つまり、そんないにしえの奈良から、どんどんと、元気な中小企業が出て、従業員を幸せにしながら、日本中が良くなり、世界中が良くなる。

そうありたいと心に響きました。

そして、稲盛塾長による講話を頂きました。

なぜ、経営者は、フィロソフィーが必要なのか?

それを説かれた講話でした。

経営者のフィロソフィー(考え方や人生観)で、会社は、成長発展もするし、うまく行かない会社にもなる、、、。

私は、稲盛塾長の講話をノートに必死に書き留めようとしました。

それがこの1ページです。

私は、とにかくテキストや資料があったとしても“書き留めくせ”があります。

書き留めることで、少しでも、頭に入るような気がします。

「企業の繁栄を持続させるためには、経営者自身が“心を高める”努力を怠らないことが重要」

「従業員の心をつかみ、燃える集団へと変えるには、経営者自身に回りの人を惹き付ける“人間的魅力”がなければならない」

などなど心に突き刺さるものばかりでした。

昨日は、国内からだけではなく、ニューヨークや台湾からもソウルメイトの方々が、800名も駆け付けて下さいました。

会食後、参加者全員が総立ちとなり、肩を組ながら「ふるさと」を熱唱しながら、終了となりました。

経営者として「心を高める」、それは、簡単なことではなく、また、継続し続けることは容易ではありませんが、昨日は、決意新たに出来た、素晴らしい一日となりました。

感謝

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。