惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

「赤心慶福」

2009.10.06

本日、食品安全ネットワークの勉強会で赤福さんの本社をお邪魔しました。

http://www.fu-san.jp/

http://www.akafuku.co.jp/index.html

工場見学もさせて頂きました。

「赤心慶福」(せきしんけいふく)

これは、赤福さんの社是です。

赤福さんは、今年で創業302年目の企業で、ちょうど300年目の時、あの事件が起こりました。

現在11代目の当主が、社長をされています。

社是の内容としては「赤子のような、いつわりのない、まごころを持って自分や他人の幸せを喜ぶ」と意味らしいです。

これは、伊勢神宮参拝の心の有り様を表した言葉です。
お伊勢さんの参道を歩く時の清らかな気持ちをまごころを尽くし、その人の幸せを自分の事のように喜びたい。
そんな願いが込められています。

さて赤福さんの商品は、ご存知のようにあの「赤福」と言う商品が大半ですが、主力商品のSKUとして3種類のみで、材料も、小豆、もち米、砂糖の3種類のみです。

ある意味、凄い商売やなと思います。
本当に羨ましいくらいシンプルです。

しかし、それだけ何百年も続き凄さ、そして奥行きの深い商いだと思います。

赤福さんでは、あの事件以降「食品衛生7S委員会」を立ち上げられました。

全社的にこの運動を推進して来られた一連の貴重なお話を聞かせて頂きました。

7Sとは、整理・整頓・清掃・清潔・躾の5S+洗浄と殺菌が加わったものです。

私は、あの事件の本質は、一言で言えば、世の中の判断基準、つまり「物差しが、時代と共に常に変わる」と言う事かと個人的には思います。

つまり、昔は、許された物差し(基準)であっても、時代と共に“変化”する。

そこを理解しなければならないと思います。

私は、工場見学後の質疑応答の時間、思い切って、濱田社長様に、あの事件の時の心情は、どうだったのかをお聞きしました。

下記のお話をされていました。

・菓子業界は、昔から、製造技術などは、秘匿する傾向にあった。つまり「閉鎖的な社会」。

・JAS法等、目まぐるしく変わる「法令」を熟知していなかった。

・「従業員の声」を末端まで、聞く姿勢が大切だとわかった。

・「情報の共有」の大切さも感じた。

・そして「説明責任」の大切さも痛感した。

などと話されていました。

私は、今回の事件をきっかけに、赤福さんは、さらなる100年先に向かわれる素晴らしい会社になられるのだと思います。

研修会終了後、懇親会もあり、大変、有意義な一日でした。

今から名古屋に向かいます。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。