惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

「流通業の未来を予測する」

2010.08.25

今、東京から京都へ向かう新幹線の中です。

昨日は、午後から商業界会館にて、スパークルの会合がありました。

今回の研修会は、スパークルの24期の2人の食品スーパー経営者が中心に進められました。

1人が食品スーパーの業界全体の現状を俯瞰する資料を見ながら、自社の状況も話してくれました。

もう一人の青森のY君が、日本セルフサービス協会が主催する「コーネル大学RMPジャパン」の二期生として、一年間、勉強したので、その内容を引っ張り出しながら、参加者全員で、これからの日本の食品スーパーの将来について議論しました。

http://www.cornell-jp.com/

ちなみに、RMP:「リテール・マネジメント・プログラム」の事らしいです。

『流通業の未来を予測する』

この大きなテーマに数十項目の事前アンケートが、プログラム参加者に配られたそうです。

質問の設定は、コーネル大学学長のエドワード・マクラフリン氏です。
質問を少し、書き出してみます。

今後、日本がどうなるかを答えると言う設定です。

さらに2013年までに、どうなるかを答えます。

答えた方々は、プログラム参加の約30名で、国内の食品スーパーの幹部の方が多いです。
友人に参加名をコソッと教えてもらうと、そうそうたる企業の方が多く、驚きました。

弊社のお取引の幹部も参加されていました。

さて質問です。

・栄養強化された遺伝子組換え農産物を日本のスーパーマーケットが扱う。

・ほとんどの有力スーパーマーケット企業において、青果のカテゴリー計画策定は、あまりに時間がかかり過ぎる為、行われなくなる。

・スーパーマーケットにおいて、農産物の仕入れは、少なくとも25%は、何らかの形でインターネット経由となる。

・大規模小売業が、国際食品市場の25%を占める。

・日本での店舗サイズは、既にピークを迎えている。これからの新フォーマットは小型ながら販売効率の高いものとなる。

・外資による日本の小売業への投資は増加する。

・スーパーマーケットは、高品質を確保するため「ブランド青果物」の取り扱いを強化する。

・品揃えをより効果的に管理するため、スーパーマーケットは、パック売り青果を25%削減する。

・スーパーマーケットの農産部門の構成比は、倍増する。

・米国のSave-a-lotや欧州のAldiのような“リミテッドアソートメント価格志向型ストア”は、日本の従来型の食品スーパーマーケットにとって、大きな脅威になる。

・日本の半数のスーパーマーケットは、イートイン・コーナーを有するようになる。

・スーパーマーケットは、フードサービス業のテイクアウト部門にとって、多大な脅威を与える。

等々です。

このアンケート結果の数字(割合)が手元にありますが、いろんな傾向が読み取れ、大変面白いです。

参加者の方が、どう推察されているのかが、よく理解できます。

このアンケートを元にスパークルメンバーで、かなり白熱した議論をしました。

日本のSM業界は、大変なオーバーストアの中、熾烈なシェア争いの中ですが、絶対になくならない商売だと思います。

議論終了後、皆で、新宿のスペイン料理店で、懇親会をしました。

まあ、皆、元気よく、男ばかりなのに(笑)、しゃべりに、しゃべりまくりました。

気付いたら研修会から、ぶっ通しで7時間以上、しゃべっていました(笑)。

たまたま僕はスペイン語を専攻していたので、乾杯の音頭を取らされました。

スペイン語で「乾杯!」は

!Salud!(サルー)と言います。アクセントは、後ろです。

ちなみに!Salud!は、「健康」を意味します。

大変、有意義な研修会でした。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。