惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

「我覇道を歩まず」

2010.08.15

私は、本好きですが、途中で眠たくなって(笑)、読了するのは、意外と少なく、たくさんの本が書棚を飾ってくれています。

そんな中ですが、読了した「経営本」の中で、心から感動した本が、数冊あります。

その内の一冊に
「我 覇道を歩まず」

と言う本があります。

20代後半に、私の友人を通じて、横浜の中央卸売市場の佃煮屋さんの社長さんから頂いた本です。

今朝、たまたま会長室に入ると、書棚に、この本が目に留まりました。

懐かしく感じ、久々に、この本を手に取って見ました。

著者は、松谷義範という方です。

明治44年生まれの方で、もうお亡くなりになっています。

この本には、著者名として「東邦薬品㈱社長」となっています。

つまり現役の社長が書かれた本でした。

本の巻末を見ると、初版第一刷が、昭和63年2月29日となっています。

出版直後に頂いたと記憶するので、当時私は、29歳でした。

東邦薬品は、医薬品問屋です。

http://www.tohoyk.co.jp/ja/index.html

当時、私は、父の会社に入ってまだ数年の頃で、中央市場の青果仲卸の中で、毎日もがいておりました。

そして「問屋無用論」と叫ばれていた頃なので、「これから青果問屋として、わが社は生き抜けるのだろうか?」と、まだまだ一人前に仕事が出来なかった頃なのに、そんな気持ちの中で、この本を読み上げました。

私は「覇道(はどう)」と言う言葉さえ知りませんでした。

対極にある言葉は「王道」だと思います。

東大出の経営者の方が書かれただけに、文面は、理論的で、難解な表現も多く、読み終えるのに四苦八苦した記憶があります。

そして何とか読み終え、私は、本当に感動しました。

「問屋でも絶対に生き抜ける」と。

そして早速、父に「是非、読んで欲しい」と手渡しました。

昨日、会長室にて、久々にこの本を手にして、父は、鉛筆でたくさんの箇所をアンダーラインしてありました。

そして、東邦薬品に関する、①平成元年12月12日の新聞の切り抜きと②平成10年10月27日の切り抜き③松谷社長の書かれた小冊子が、本に挟まれていました。

何れも、20年も経ち、色褪せていました。

大切に保管されていたので、父も、少なからず、影響を受けたんだろうなと思いました。
今度、感想を聞いてみます。

この頃(22年前)の東邦薬品は、年商1400億円でした。

今や売上高は、1兆円規模となり、経常利益も140億円出されていて、国内第4位の有力医薬品問屋です。

私は、いろんな事が頭をよぎりました。

一つは、あれだけ感動した本なのに、「俺はどれだけ実践できたのか?」と。

そして、もう一つは、当時、問屋業で生き抜くと決意していましたが、違った事業展開(売上げの半分は、製造業)となり、20年余りの激変に思いが至りました。

今、ページをめくり、内容的には、全く色褪せていない理論展開で、ただただ驚くばかりです。

50歳を超えた今、もう一度、この本を深く読みたいと思います。

近い内に読み直します。

そして

「我 覇道を歩まず」
「我 王道を歩む」と。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。