惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

「店は客のためにある」

2014.02.07

「店は客のためにある」

これは、ご存じの方もたくさんいらっしゃるでしょうが、商業界精神の不変不動のテーゼです。

これ程、シンプルに商人のあるべき姿を現した言葉はありません。

今日、幕張のホテルで、しめやかに「倉本初夫偲ぶ会」が行われました。

昨年の11月13日に倉本先生と神戸の三ノ宮でお会いしたのが最後となりました。

神戸でのスパークルの勉強会では、開会に際して、私が「商売十訓」と「仁則栄」の唱和をさせてもらいました。

実を言いますと、スパークルの研修会は、26年前に、卒業以来、私は、ほとんど参加せず、ある意味、不真面目な卒業生でした。

再び、参加し始めましたのは、私が大病(8年前)を経てからです。

少し心境の変化があったからです。

今回の神戸大会で、スパークルの仲間の前で、私が初めて、上記の2つを唱和させてもらい、今となれば、大変、ありがたいことでした。

奇しくも、神戸大会が、倉本初夫先生が、公式に参加された最後の場となりました。

偲ぶ会では、参列の方々に、倉本家から倉本先生の著作「あきないの心」と、初夫先生が毎年、描かれたスケッチ画の絵葉書の三枚セットを頂きました。

私のは、
1991年シンガポール
2003年日本平(富士山を背景に)
2008年越前陶芸村
の三枚でした。

大切にしたいと思います。

倉本初夫先生、本当にありがとうございました。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。