惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

「店は客のためにある」

2014.05.30

昨日は、箱根で、商業界(出版社)の主幹であられた倉本初夫先生のお墓参りでした。

昨年、12月に89歳でお亡くなりなられました。

初代商業界主幹が、倉本初夫先生のお父さんでもあり、倉本長治先生です。

日本の商業史に多大なる影響を与えられた方です。

毎年、真冬の2月の商業界の「箱根ゼミ」という2泊3日の研鑽会は「商人のお正月」とも言われて来ました。

イオンの岡田さんも、イトーヨーカ堂の伊藤さんも、ダイエーの中内さんなど、流通業のそうそうたる方々の多くが参加された勉強会です。

夜は部会が開かれ、まさしく、皆さんが、車座になって、悩みを共有し、将来の夢を語り合いました。

私が、「箱根ゼミ」に、最初に参加させて頂いたのが、26歳の時でした。

私は、デニーズを退職し、中央卸売市場の青果仲卸業の奈良三晃に入社しました。

入社早々、飛び込み営業で行った先が、奈良県のあるレストランチェーンでした。

私は、創業者の長男でありながら、26歳まで、中央卸売市場にもほとんど行かない、学生時代に手伝いも一切しない、トラックにも乗れない、符丁も知らない、とにかく、ないない尽くしの中での、遅まきの“市場人”としてのスタートが、26歳の時でした。

そして、入社早々、一つの手柄を立てたくて、その時に、初取引をして頂いたのが、そのレストランチェーンでした。

とても嬉しかったです。

そこの社長様が、仕入先と言う以上に、それ以来、私をまるで、弟のように可愛がって下さいました。

その社長に、勧めらままに行ったのが、箱根ゼミであり、スパークルという「2世研鑽会」でした。

そして、初めて「商売十訓」を唱和した時、素直に感動しました。

「商売という、どちからと言えば、裏家業のような後ろめたい世界に、こんな崇高な理念があることに…」

本当に人生の転換点は、何が、きっかけになるかわかりません。

その社長は、京都の祇園にも、何回も連れて行ってくれました。

美味しいものをたべること、経営者の2世として、一流に触れることの大切さを教えて頂いたような気がします。

最初は、べっぴんさんの芸子さんに(笑)、どう接していいのか分からず、最初は、行くのが億劫なくらいでした(笑)。

スパークルは、私にとりまして、精神的支柱であり、間違いなく、私の人生に影響を与えて頂きました。

そのスパークルを率いて下さった倉本初夫先生です。

久々にOBが、全国から集まり、お墓参りに参りました。

箱根にある倉本家のお墓には、「店は客のためにある」の石碑があります。

昨晩は、スパークルメンバーが、夜遅くまで、倉本初夫先生の話やら、商売の話やら、後継者の話やら、夜遅くまで、話に花が咲きました。

倉本初夫も天国で喜んで頂いていると思います。

「店は客のためにある」の精神は、私たちが、引き継がねばなりません。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。