惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ 惣菜のわかる八百屋オヤジのブログ

「あしたは来る」

2014.01.17

1995年(平成7年)1月17日午前5時46分

あの阪神淡路大震災から、今日で、19年となります。

当時、私は、35歳。

発生時、弊社(奈良県大和郡山市)の飲食店「はないちばん本店」にて、おでんの仕込みをしていました。

鍋で仕込んだおでんを長方形のおでん鍋に移し、その鍋を抱えている時に、大きな揺れを感じました。

ここ奈良県でも、いままで経験したことのない、かなり大きな揺れでした。

当時、住んでいた自宅は、昭和30年代に建てられた安普請のボロ家だったので、倒壊が心配になり、すぐに電話をかけました。

家内もこどもたちも無事だと知り、ホッとしたことを思い出します。

その後、テレビ画面から入る映像は、大変、ショッキングなものばかりでした。

父は、ロータリアンだったので、父の所属していた堺泉北ロータリークラブにて、神戸に炊き出しに行くことになり、弊社工場からも、大量の「豚汁セット」を供給しました。

あの寒いときに、温かい豚汁は、恐らく、多くの方々に喜んで頂けたと思います。

最近の東日本大震災も同じでしたが、このような大災害の中も、日本では、暴動が起きたりすることもなく、それどころか、被災者同士が助け合うという、日本人の凛とした生きざまに、私は、一種の感動を覚えました。

その根底には、日本人としての誇りと、やはり、国を信じるということがなければ、このような冷静な行動にはならないだろうと思います。

そして、あの阪神淡路大震災から、日本におきましても、ボランティアが、広まったきっかけになったんではないかと思います。

「絆」という言葉がぴったりですね。

今朝の毎日新聞の一面の見出しは「あしたは来る」です。

「明日」ではなく「あした」と平仮名で表現されていて、どことなく、やわらかな響きに、何か「希望」を託すような想いが込められているように感じます。

あれから19年が経ち、その間、私は、公私共に、大きく立場も変わりましたし、困難(大病も)や、嬉しかったことなど、さまざまでした。

これからもいろいろあるでしょう。

「あしたは来る」ということを信じて、これからも、少しずつ前進していきたいと思います。

黒田久一

黒田 久一

黒田 久一

惣菜のわかるオヤジのブログでは、フルックスグループ代表の黒田久一が、日々の出来事を発信いたします。